新潟県 道の駅あらい せいもん丸 あらい店

▲店頭なら、Tポイントが貯まります!

新潟県 道の駅マリンドリーム能生・かにや横丁 ベニズワイガニ専門店 盛紋丸 かにや横丁Q&A

お客様からよく聞かれるQ&Aを紹介します。

Q1 今ってカニの時期…?

A1.カニの禁漁は都道府県により時期が異なり、新潟県は1~2月が禁漁期間(3~12月が漁期)になります。他県より漁期間が長いため、価格は西日本のおよそ半額(1尾@500円~@4000円)ほどになります。夏に見るカニに驚かれるお客様は多いです。

新潟県 道の駅マリンドリーム能生・かにや横丁 ベニズワイガニ専門店 盛紋丸 禁漁月

Q2 『ズワイガニ』と『ベニズワイガニ』はどう違うの?

A2.簡単にいうと、生息している水域が違います。『ズワイガニ』は水深180~360mほどの浅瀬海底に生息しますが、『ベニズワイガニ』は更に深い水深800~1500mほどの深層水域に生息しています。ゆでなくとも「紅色」なので『紅ズワイガニ(べにずわいがに)』と言われています。ベニズワイガニの独特のあまみは、清らかで栄養豊富な深層水域で育てられています。

Q3 ここで食べていけるの?

新潟県 道の駅マリンドリーム能生・かにや横丁 ベニズワイガニ専門店 盛紋丸 かにカニ館外観

A3.はい。『かにや横丁』に並んでいるカニはすべてボイルしてあります。店舗で購入していただき、隣接している無料休憩施設「かにカニ館」で召し上がることができます。晴天時には、裏の海洋公園で雄大な日本海を眺めながらカニを食べるお客様でにぎわいます。お店で食べるご予定のお客さまは事前に予約ください。食べごろをご用意してお待ちしております。もちろん、「お持ち帰り」もできます。長距離でも安心して持ち帰れるよう、保冷箱・保冷剤を用意しています。

Q4 どこの店で買っても同じカニ?

A4.いいえ。扱うカニはすべて一緒ですが、各店舗、「獲る人」「ゆでる人」「売る人」が違いますので、当然、味・質・おばちゃんにも違いが表れます。「味の違い」として、大量のカニを大釜でゆであげる作業はカニの状態(質)を見極めながら、塩の量やゆで時間を1分1秒単位で加減しなければならなく、失敗すると売り物にならないこともあるほど責任重大な作業のひとつです。各店舗には「自慢のプロゆで師」がいます。食べくらべてお好みの味を見つけて出会ってください。

Q5 ゆでたてはないの?

A5.新潟県条例により、「かにや横丁」に並ぶカニはすべて急速冷凍されたカニの販売を義務付けられています。新潟県のおいしい海の幸を安心して召し上がれるよう、徹底した保健所指導のもと営業しています。※「未冷凍カニ」をご希望の場合は要予約にてお問合せください。

Q6 おまけのカニがすごいのはどうして?

新潟県 道の駅マリンドリーム能生・かにや横丁 ベニズワイガニ専門店 盛紋丸 おまけのカニ

A6.船主が直接販売しているからです。この直接販売は全国でも珍しく、豊富な漁場が多かった能生地区は、過去にはたくさんの船が競い合って直接販売をしていました。しかし、現在ではカニ漁船は6艘となり、直売店は6店舗だけとなりました。このおまけスタイルは、当時からの名残で、今もポンポンとおまけガニがもらえる「おまけ合戦」を繰り返しています。
残念ながら、カニ漁船「盛紋丸」は7年前に廃船となりましたが、現在ではおいしいベニズワイガニを追い求め、全国各港より買い付けを行っています。直売店に負けないよう日々奮闘していますので、ぜひ試食にお立ち寄りください!